これが一番簡単!【速度測定有り】ワードプレス初心者には最適!WP Fastest Cache キャッシュ系プラグインの設定

日ごろからホームページを運用し、何とかSEO対策で上位に表示させたいと思っている方は必見です!

SEO対策でよく聞く言葉として、

  • キーワード
  • タグの設定
  • 文字数
  • 表示速度

などなど様々なことがあります。

今回はその中でも表示速度(ページスピード)を少しの設定で早くする「WP Fastest Cache」キャッシュ系プラグインの設定を書いていきます。

ページスピードの測定はこちら

ホームページのページスピードを教えてくれるUse PageSpeed Insightsが便利すぎた件

WP Fastest Cacheとは

キャッシュ系のプラグインはいろいろとあります。
一番有名なのは、「wp super cache」ですね。
プラグインのオススメのところにも表示されているので使用されている方も多いのではないでしょうか?
ですが、別のプラグインに変更しようとしたところ「config.php」を書き換えてしまうので、
運用していたホームページが壊れたと何度か報告を受けたことがあります。
著者もいろいろとクライアントさんのサイトに入れた時にスマホ用ページが壊れた経験があり、現在は「wp super cache」はいれていません。
「WP Fastest Cache」の便利なところは初心者の方に使用して頂くときに簡単だということです。
要点を3つにまとめると、
・クリックするだけ
・日本語対応
・キャッシュがすぐ消せる
言葉よりも証拠が必要ですね。

プラグインのインストール

管理画面⇒プラグイン⇒新規追加
右上の検索バーのところに「WP Fastest Cache」と入れると
WP Fastest Cache キャッシュ ページスピード
虎のアイコンのプラグインが出てきます。
インストール⇒有効化を押します。

管理画面に虎のアイコンが出てくるので、クリックすると、
WP Fastest Cache キャッシュ ページスピード
この画面になると思います。
押せる項目は全てクリックします!
クリックできる箇所を上から順に説明すると

キャッシュ・・・有効にする
予荷重 ・・・すべてのサイトのキャッシュを自動的に作成する
ログインユーザー・・・ログインユーザーに対してキャッシュを表示しない
モバイル・・・モバイルユーザーに対してキャッシュを表示しない
新しい投稿・・・投稿またはページが公開されたときにキャッシュファイルをクリアする
更新ポスト・・・投稿またはページが更新されたときにキャッシュファイルをクリアする
HTML の圧縮・・・HTML を圧縮してページサイズを小さくする
CSS の圧縮・・・CSS ファイルを圧縮する
CSS の結合・・・CSS ファイルを結合してHTTPリクエスト数を減らす
JS の結合・・・JavaScript ファイルを結合してHTTPリクエスト数を減らす
Gzip 圧縮・・・サーバーから送信されるファイルをGzip圧縮する
ブラウザキャッシュ・・・ブラウザキャッシュを利用してロード時間を短縮する

全ての項目を見る限り必要なところばかりですね!

今までいろいろな組み合わせをし、この設定をしたのですが、不具合は出ておりません。

速度判定

WP Fastest Cache キャッシュ ページスピード
WP Fastest Cache キャッシュ ページスピード

35から42へ

WP Fastest Cache キャッシュ ページスピード
WP Fastest Cache キャッシュ ページスピード

38から52へ

WP Fastest Cache キャッシュ ページスピード
WP Fastest Cache キャッシュ ページスピード

42から44へ

ページスピードで測定をすると10以上増えている時もあれば、少ししか増えていない時もありますが、
結果的に速度は上がるという結論に達しました。

今からでも遅くありません!
まだ入れてないよって方はぜひ「WP Fastest Cache」を入れてみてください。

ページスピードの測定はこちら

ホームページのページスピードを教えてくれるUse PageSpeed Insightsが便利すぎた件