コンテンツマーケティングを行う前に読まないと損をする!マーケッター必見のブログ!

コンテンツマーケティング キャプチャ ホームページ

今回はマーケッターの方には必見です!

皆さんはウェブの世界での主流は「コンテンツマーケティング」という事をご存知でしょうか?

検索をしてもSEOでの順位が上がってこないという方がたくさんいます。

なぜ上位に上がってこないのかを深く考えるとグーグルの検索結果の仕組みなどが見えてきます。

コンテンツマーケティングとは

ユーザーに評価、支持される記事の作成をし潜在顧客の獲得を目指すマーケティング手法の一つです。
ユーザーが知りたい情報を検索した時に上位に表示される情報もコンテンツマーケティングをもとに作成された記事になります。
最近ではよく聞くようになりましたが、基本をおさえていないと記事を書いても無意味になってきます。

成功事例

コンテンツマーケティングを行っている企業様の中ですぐれていると思われる記事をピックアップしています。
——————————————————————————-

——————————————————————————-

コンテンツの作り方

コンテンツマーケティングのもとを考え、簡単に説明をすると
「ユーザーに評価され、グーグルに好かれたホームページ」ということになります!

ユーザーに評価とはどういったものか?

日々検索をしているユーザーは情報を欲しがっています。
それは非日常的な情報なのか、比較をするための情報なのか、有名人があそこにいるという情報なのか
人によって情報の種類は違いますね!
ですが根本的なことを考えると知らないと損をしそうな事や物について調べている人が多いです。
例えば
「福岡 美味しい 居酒屋」
と調べると人気のランキングが一番にきます。
このホームページにはユーザーが知らなかった新しいお店の情報が詰まっており、
目安の金額や込んでいない時間帯まで詳しく書かれています。
ユーザーに評価されるというのは情報がどれだけ詳しく書いてある記事なのかということが分かります。
ランキングというのは人間は比較をしたがる生き物なので、効果は絶大です。
コンテンツマーケティング ユーザー深層心理 ホームページ

グーグルに好かれたホームページとはどういうものか?

グーグルにはSEO対策を行うにあたって指針というものがあります。
ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

ユーザーの深層心理

コンテンツマーケティング ユーザー深層心理 ホームページ
まず本質を考えるとユーザーがまずなぜ検索をするのかということから始めていきます。
なぜ検索をするのか?
その答えは上記にも書いた通り「情報」を欲しがっています。
情報=知識を得て→比較→検討→購入を行います。
なので、コンテンツマーケティングの記事を書くときに
知識、比較、検討を一度に行えるページを作成することが望ましいです。
詳しくは下記にまとめています。

コンテンツマーケティング用の記事の書き方

例として「無料で作れるホームページサービス」でご説明いたします。
なるべく記事の中身を詳しく書いていきます。

4.記事の最初

ユーザー人たちに比較、検討をしてもらうためにサービスの違いを深く掘り下げて書いていきます。
例えば
無料と有料の違い
制作時間の目安
どのような方法で制作が出来るのか?
などユーザーの方に初めにホームページの事について学習をしてもらいます。

1.タイトルの付け方

まずタイトルはだれが見ても分かりやすいように!過大タイトルにならないよう気をつけましょう!

  • 「知らないと損をする!無料で作れるホームページサービス4選」
  • 「知らないと恥をかくかも?無料のHPサービス6つ」

など分かりやすいタイトルが一番いいですね!
グーグルでは検索結果に32文字しか出ないので、そのことを頭に入れてタイトルを決めるといいですね。
ちなみにスマートフォンでは45文字前後までタイトルが出るので、
スマホ向けの記事であれば長めでも大丈夫です。

2.目次を置く

目次はコンテンツマーケティングでは必須です!
なので見やすい目次にすることを心がけましょう!

3.成功事例を出す

優れていると思う成功事例を出し、ユーザーの方の関心を引きましょう!
過去にご自身で書かれた記事があればリンクを張りましょう!

5.選ぶ基準を設ける

その次にユーザーの人たち選ぶ基準をこれまた詳しく書いていきます。
ドラッグアンドドロップで作りたいのか、テンプレートにあてはめたいのか。
月間ページビューが多いか少ないか
商用利用OKなのか
などが挙げられます。

6.比較のランキングを出す

ここまでユーザーの人たちは無料のホームページについて学んできました。
ここでランキング形式で多くのユーザーがサービスを使っているのかを
覚えてもらいます。
ランキングは5位ぐらいまでがいいです。
6位以降はその他としてもとめておきましょう!(SEO対策のためにね!)
アフィリエイトを行う場合はここでリンクを張ると有効的です。

記事を書くときには画像もきちんと用意をしましょう!
文章(テキスト)だけではユーザーの人たちは見にくいと思い離脱が早くなってします。
適正な画像もしくはオリジナルの画像を作り離脱率を少なく滞在時間を長くしないといけません。

<補足>離脱率・滞在時間とは

ホームページを見て離れるまでの割合です。興味があるページが多い場合は離脱率が少なくなり、
いいコンテンツとして認めてもらいやすくなります。
滞在時間が長いとユーザーの人たちが隅から隅まで見てるとグーグルは認識をします。
こちらも工夫をしないと離脱時間が早まり、よくない結果となってしまいます。

拡散方法

コンテンツマーケティング ユーザー深層心理 ホームページ
記事を書いたら拡散をさせないと意味がありません。
私自身せっかく書いた記事を見てもらえないとがっかりしてしまいます!笑

まず拡散をしなくてはいけない理由

理由1

より多くに人に記事(コンテンツ)を見てもらわないと、グーグルの評価としては「いまいち」となる
現在上位に来ている優良記事(コンテンツ)の大半は毎日のPV数が多い。

理由2

「ユーザーの流入数」もグーグルの評価につながってくる。

理由3

拡散により被リンクの獲得ができる。
現在あまり意味がないといろいろな記事で出ていますが、
あまりということなので、数パーセントでも上位に食い込む可能性があるのであれば
被リンクの獲得も意味があると言える。

拡散の方法

方法1 オススメ度☆3

広告費をかける
記事(コンテンツ)系の広告はリスティングよりもSNSへの出稿が一番いいと考えられる。
1クリックの単価を広告別に分けると、
リスティング→250円の場合
フェイスブック→50円程
インスタグラム→50円程
ライン→40円程
となっているケースが多く、従来よりもお金をかけずに早く拡散が出来る。
また、SNSをビジネスで使用していることも多いので、BtoBの広告も目に留まりやすくなる。

方法2 オススメ度☆2

記事に「はてなブックマーク」や「フェイスブックのシェアボタン」などを設置する。
このやり方は昔からあるが、スピードはやはり遅い。

裏技的なやり方にはなるが、知り合いなどに頼み「はてなブックマーク」を時間をかけずに
3人以上がブックマークをすると「新着のエントリー」に入るので、活用するといいのかもしれない。

方法3 オススメ度☆1

記事を更新して自分だけでシェア
あらゆるキーワードをちりばめた記事であれば少しの流入は期待できるが、
拡散となると「自分だけでシェア」をしていてもスピードが遅いので、オススメはできない。

まとめ

前に「コンテンツ」は情報、マーケティングは心理とよく聞いたものです。
今はSEO対策からコンテンツマーケティングへと名前がかわってきましたが、
グーグルの指標はあまり変更されていません。

現状もユーザー目線の記事は現在も検索上位にあります。
それらを被も解いてコンテンツマーケティングを行っていきましょう!